2005年05月19日

蟻の飼育日記《その7:空間把握能力》

4日目。
やっぱり蟻たち、アントクアリウムの大きさを、かなり正確に理解してます。

0519.jpg

左上から右下に伸びる穴が、最初に作られた逆S字の穴とつながっていました。穴を掘る際に、迷った形跡はありません。そして良く見るとこの穴「左上から右下」ではなく「右下から左上」に掘られているのです。しかも地上に出る穴は、アントクアリウムの左手前の角にできていました。まるで測量したようにぴったりと、です。

いったい、蟻はどうやって地上までの角度を決めたのでしょう。地下鉄の駅のホームに立ち、地上にある目的地までの正確な角度を示すなんて、並みの人間じゃできません。でも蟻はできるんですね。やっぱりすごいぞ、蟻。

ところで、今日は久しぶりの友達とメシを食いました。
昼は前職のプロジェクトメンバー、夕方は就職活動中に知り合った友達。(久しぶりと言っても、数ヶ月ぶり、ってくらいですが・・・)
仕事が変わったりコミュニティが変わったりしても疎遠にならず、お付き合いができる友達がいるってステキだなぁと、改めて思いました。
posted by いわき at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。